apartment department アパデパスタッフブログ | 表参道ヒルズにあるセレクトショップ「アパートメントデパートメント」のスタッフブログです。

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

あったかな冬に。ケーブルニットカーディガン:aran crafts(アランクラフト)
冬のあたたかさを連想させるもの

  こたつとみかん

  やきいも

  お鍋

  朝のベッドの中

  ななかまどの赤い実

  ケーブル編みニット


こういう想像をしているとなんだかほっこりしてきます。

不思議だな。


冬の必須アイテムと言えばニット。


aran crafts(アランクラフト)ケーブルニットカーディガン¥16,590

ほっこりするニットが入ってきました。


ケーブル編みとは縄編みのこと。

アイルランドのアラン諸島というところの漁師さんたちが寒さを防ぐ為に編み方を工夫しているうちに

できたんだそう。

アラン編みニットとかチルデン編みニットとかもその遺産なんですって。

ニットって言えばイギリス・アイルランドというイメージが強いと思うのですが、

そんな所以もあったからなんですね。




レザーくるみボタンだったり、袖口のリブだったり、ゆったりめのサイズ感だったり


カーディガンとして

アウターとして

トップスとして

活躍してくれるので、お持ちでない方は一枚是非。


ちなみに




おそろいのケーブルニットマフラー(¥6,090)




ビビットな色がかわいいケーブルニットキャップ(¥3,675)


もご用意。



寒い・・・寒い・・・寒い・・・

だけじゃなくて、あったかほっこりできる冬がやっぱり好きなイシカワでした。



facebookページが出来ております




Twitter



Churchill DUFFLE COMPANY(チャーチルダッフルカンパニー)ショートダッフルコート


どうも、イシカワです。

ご無沙汰している間に

北海道はいつのまにか秋が過ぎ、冬になってしまいました。

紅葉は既に終わって、木がどんどん裸になってきています。

夜もどんどん長くなってきています。

寒くなってきましたね。(いやマジで)


こうなってくると、アウターに想いを馳せはじめますよね。


新しいダッフルがほしいな・・・と思っている矢先に入荷してきました。



Churchill DUFFLE COMPANY(チャーチルダッフルカンパニー)ショートダッフルコート ¥46,200


一見優等生っぽいイメージが強いダッフルコート。

でも実は北欧の漁師さんたちが仕事着として着ていた作業着が起源だといわれてます。

防寒性や機能性を備えていたので、イギリス海軍にも採用されたというミリタリーワークウェアーなんだそう。

ちなみに色は2色。






Churchill DUFFLE COMPANY(チャーチルダッフルカンパニー)は、老舗ブランドで働いていた職人さんが創った新しいブランドさん。

しかしながら・・・というか

だからこそ・・・というべきか

このダッフルも昔ながらの機能性がぎっしりつまってます。

▼フードのボタン:甲板の上での強風でもフードが飛ばされないように調節するボタン

▼トグルボタン:もともとは船の綱をつなぐ留め木のことをさしているんだそう。
トグルボタンだと、コートの前身ごろを左右どっちにでもできるから、風向きに合わせて切り替えることで裾がめくれて風が入り込むのをふせいで保温性を高めるんだそう。
さらにトグルは手袋をしたまま着脱が可能。

とか  ね。


厚みがあって、あたたかなメルトン素材

ボトムを選ばないショート丈


ほしくなってきたでしょ。


ちなみに中にニットベストを着ると最強です。(いやマジで)


では。


facebookページが出来ております




Twitter
HarrisTweed (ハリスツイード) 100周年限定Jacket
どうもこんにちは。

みな風邪気味の中、一人胃腸を壊しているイッシがお送りします。



昨日のことになりますが、待ちにまっていたHarrisTweedのコンパクトジャケットが入荷してまいったのですよ。


ちょっと納期が遅れておったわけですが、まあ、テンションが跳ね上がりましてね。


11月23日にゼルダの伝説スカイウォードソードが発売になったことによるテンションの跳ね上がりの次に来た(今月は多分最後と思われる)跳ね上がりでね、もともと跳ね上がっていただけに更にね、ってどうでもいいですよね。







こちらですね。


タイトルの【限定】っていう所以なんですが。。。


HarrisTweedがなんと100周年を迎えたということなんですねぇ〜。

というわけで、100周年のLimitedEditionになるわけなんです。




HarrisTweed(ハリスツイード)ってご存知の方はきっと多いと思いますが、ご説明を。


HarrisTweedとはツイード生地のことなんですね。


スコットランドのヘブリディーズ諸島にいる120人ほどの職人さんたちが、羊毛を全て手紡ぎで紡いだ糸を色々な色で染めて、細かな色彩を入れて織り上げている生地なんだそう。

しかも全英ハリスツイード協会なるものが、かなり厳しい審査を行っているそうで(その基準は英国国会の制定法で定められ入るそうです)

特定の地域で有機飼料で育てられた羊の新毛じゃなきゃダメだとか

羊毛は育てたところで必ず手紡ぎしなきゃダメだとか

羊毛の選別も織る工程も全て手作業じゃなきゃダメだとか


【HarrisTweed】の商標を守る為に、羊の生産者から厳しく管理されているんだそう。








この紋章を目にした事がある方は多いと思いますが、《地球に十字を抱いた紋章》なんだそう。


厳しい管理を徹底しながら、HarrisTweedの品質を頑なまでに守っている証なんですね。


更にマニアックな情報ですが、HarrisTweedタグにシリアル番号が型押しされてるんですが、この番号をたどると誰が織った生地か。。。ということまで解ってしまう。。。んですって。




(ひぃぃぃぃ〜)


でもそういうのって消費者にとってうれしいですよね。

つい調べたくなるし。




とまあ、長くなりましたが、そんなHarrisTweedを使用したジャケットが入荷してきたんですよ。









【AudreyAndJohnWad(オードリー&ジョンワッド) ¥39,900  navy/green  onesize】


かなりコンパクトなジャケットなので、アウターの中に着込むことだって可能。

さらに、身頃の裏地はコットンなので、暖かさも倍増。

さらにさらにうれしい配慮としては、袖部分の裏地がポリなんですね。

インナーとの摩擦がなく袖が通せるという優しさも。








ちなみに本日のワタクシです。

迷わずスウェットパンツを合わせましたけどね。
    ※ANYTEES ¥19,950



案外いいでしょ。(手前味噌にもほど)
   




facebookページが出来ております


Twitter





















私が着て帰りたいコートです 〜FIDELITY〜
 
一昨日から突如襲ってきた寒さにあっとゆうまに風邪をひきましたゆーさくです


あっという間に冬が来ましたねぇ

外を歩けばいつのまにやらすっかりアウターを着ているのが当たり前

むしろ着てないと寒い!!!というくらいになりました
この間までほとんど必要ない感じだったのに…


けどやっぱりアウターが着れるのは冬物ズキにはうれしいもの

このあいだのBLOGに出ていたTraditional WeatherWear (トラディショナルウェザーウェア)のキルトコートとかもちょっとかわいらしくて、けど定番で着たいなーと思います


けれどワタクシの場合ですが同じ定番でもちょこっとメンズっぽいものが好きというか似合うというか(自画自賛系ですみません…)

なのでお店にあるコートだとこれとか好きなんですよね

             


【 FIDELITY 】   フィデリティって読みます

ご存知の方が多いんではないかと思います。どちらかといえば男性に?かな

FIDELITYはアメリカ・ボストンにあるアウターメーカーさん

ネイビーのミリタリーを得意としてウールやコットンのアウターを作っているそう

良質なものづくりにこだわりいまだに自社工場ですべてがおこなわれているらしいです

完全にメイドインUSAってことですね


そしてさらにFIDELITY情報
少しマニアックになりますので飛ばしていただいてもかまいません笑)

FIDELITYの主な商品はといえばPコートやCPOシャツなどのミリタリースタイルのアウターウェア
ちなみにCPOシャツっていうのはいわゆるシャツジャケットのこと


アメリカを始めとした世界中のミリタリーストアで扱われているほど

ミルスペックというアメリカの規格に基づいた製品作りも行われ

かつては米海軍でも使われていたそうな


といった感じなのですが


ここからは難しい話はなしになります笑

要するにいいわけです

Pコートの定番のこのボタンとかね
                                                      

このボタン見ると中学生の頃Pコート愛用者だったのでなんかちょっとだけ学生時代を思い出さないでもないですけど


そこは年齢を重ねて大人な着こなしでこんな感じとかね







普通のストールを合わせてしまいそうなところを


大人としましてはここでインド製の手刺繍ストールなんかではずしちゃうわけですよ

(大人になるってしあわせだななんて笑)


けどウールのコートって重くて肩がこって苦手だわなんてかたもいらっしゃいますよね

そこはご安心

本来のFIDELITYに多いコートは32オンスらしいんですけど
ちなみにオンスは重さの単位

このコート

なんと24オンスなんです

なので女性が着ても少し軽く感じられるのではないかなーと


ネイビー以外にないのかしらっておっしゃられる方もいらっしゃるはず

そんな方にはこちらのお色

                                               


グレーなんかもでていたり


いーですねー

自分が着たいなぁ


あっ、今のはココロの声が


アウターが欠かせなくなってきた今日この頃

こんなコートであったかくすごされてはいかがでしょ




あ、忘れてました

FIDELITYのアウターには必ずこれが付いてきます

                                                

まぁお得笑

襟元なんかにぴったりですね


といった感じでおまけもついてお後がよろしいようで


FIDELITY NV・GY  ¥30,450 (¥29,000)

facebookページが出来ております。

FACEBOOK→http://www.facebook.com/ap.dpt

Twitter