apartment department アパデパスタッフブログ | 表参道ヒルズにあるセレクトショップ「アパートメントデパートメント」のスタッフブログです。

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< トリッカーズやらカオルラボやら旅のおもひでやらなにやら | main | あったかな冬に。ケーブルニットカーディガン:aran crafts(アランクラフト) >>
Churchill DUFFLE COMPANY(チャーチルダッフルカンパニー)ショートダッフルコート


どうも、イシカワです。

ご無沙汰している間に

北海道はいつのまにか秋が過ぎ、冬になってしまいました。

紅葉は既に終わって、木がどんどん裸になってきています。

夜もどんどん長くなってきています。

寒くなってきましたね。(いやマジで)


こうなってくると、アウターに想いを馳せはじめますよね。


新しいダッフルがほしいな・・・と思っている矢先に入荷してきました。



Churchill DUFFLE COMPANY(チャーチルダッフルカンパニー)ショートダッフルコート ¥46,200


一見優等生っぽいイメージが強いダッフルコート。

でも実は北欧の漁師さんたちが仕事着として着ていた作業着が起源だといわれてます。

防寒性や機能性を備えていたので、イギリス海軍にも採用されたというミリタリーワークウェアーなんだそう。

ちなみに色は2色。






Churchill DUFFLE COMPANY(チャーチルダッフルカンパニー)は、老舗ブランドで働いていた職人さんが創った新しいブランドさん。

しかしながら・・・というか

だからこそ・・・というべきか

このダッフルも昔ながらの機能性がぎっしりつまってます。

▼フードのボタン:甲板の上での強風でもフードが飛ばされないように調節するボタン

▼トグルボタン:もともとは船の綱をつなぐ留め木のことをさしているんだそう。
トグルボタンだと、コートの前身ごろを左右どっちにでもできるから、風向きに合わせて切り替えることで裾がめくれて風が入り込むのをふせいで保温性を高めるんだそう。
さらにトグルは手袋をしたまま着脱が可能。

とか  ね。


厚みがあって、あたたかなメルトン素材

ボトムを選ばないショート丈


ほしくなってきたでしょ。


ちなみに中にニットベストを着ると最強です。(いやマジで)


では。


facebookページが出来ております




Twitter
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://ap-dp.jugem.jp/trackback/389
TRACKBACK